派遣はこんなに拡大しています

人材派遣を利用する会社(=派遣先)の数は、あのリーマンショックが起きるまではほぼ毎年増え続けていました。平成18年度時点での派遣先企業の数は、前年より3割増の86万104件にも及びます。また、企業の構成員の変化を見てみると、派遣労働者が増えた企業は33.6%、パートタイマーや臨時雇用者が増えた企業は26.1%となっており、正社員については減少比率が高くなっています。正社員を減らして、派遣労働者やパートタイマー・臨時雇用者などを増やしていることがわかりますね。このように、企業はいま、直接雇用をいかに抑えつつあるかを重要視しているのです。ではなぜ、企業は派遣労働者を使いたがるのでしょうか。

英会話を上達させるならイーオン

YBR125Kの情報はこのサイト
プロトコーポレーションのGooBike

BookMark