空いた業務の穴埋め

企業(=派遣先)が派遣労働者を受け入れるイチバンの理由は、「欠員補充など必要な人員を迅速に確保できる」という点があります。その業務を担っていたスタッフが退職した場合、次のスタッフが業務に取り掛かるまでに時間がかかってしまうと、派遣先にとっても仕事のロスになりますよね。ですから派遣先は、派遣会社に該当するスタッフをよこしてくれるように依頼するわけです。この理由は、回答を得た企業の理由の約半数にも及びます。次いで、「人件費が割安になるから」という理由が続きます。これまでは正社員でまかなっていた業務を、派遣会社からのスタッフに任せることで、派遣先は時間給以外の支出を抑えることができます。利益を最大限に伸ばすにあたっては、人件費の抑制がイチバンの近道ですから。皆さんが人材派遣に抱きやすいイメージにあてはまるものとしては、次の「通常業務の一時的な補充」という理由がいちばんピンとくるのではありませんか。ある社員が妊娠・出産、育児休暇などで一時的に職場を離れるとき、その間のピンチヒッターとして派遣先が派遣スタッフを招くというパターンです。正社員として雇ってしまうと、休んでいた社員が戻ってきたとき、企業は2名分の人件費を払わなくてはならなくなってしまいますからね。

その他にも、「特別な知識・技術を必要とするから」といった理由や、「一時的・季節的な業務量の増大に対処」といった理由があります。お盆や年末年始には、デパートやスーパーがごった返しますよね。ああいうのが一時的・季節的な業務量の増大といえます。通常はあれほどにはならないため、派遣先はその期間だけを凌げれば問題ないからですね。なかには、「正規労働者の数を抑制するため」とストレートに語る企業も見られます。

糖化の天然成分の効果などの情報サイト