増加する派遣事業所とスタッフ

景気拡大を背景に企業が採用を増やしてきたことを追い風に、人材派遣は発展してきました。また、不況時に正社員から派遣に切り替えた企業が引き続き派遣を利用したり、さらに採用で必要人員を満たせなかった企業が利用するケースもあり、形は違えど派遣は景気の良いとき悪いときで需要があると言えます。派遣会社の事業所数は、厚生労働省が発表するデータによれば、平成18年度で4万1966所となっています。そして派遣会社を利用する派遣労働者の数は、実際に派遣が行われた者だけで321万468人で、これは同年度の就業者数の約5%を占めています。大幅に増加する派遣事業所と派遣スタッフ。派遣の歴史や仕組みを見ていきましょう。

マルチビタミンに関する健康情報をここで入手

洗濯乾燥機