派遣は廃れることはない

これからの派遣市場は、拡大するかどうかは不明ですが、かといって廃れる可能性は低いといえます。その理由として、企業の労働力確保策として人材派遣がかなり定着してきたことが上げられます。日本は昔、終身雇用に象徴されるように社内の団結を重視してきました。しかし、簡易な事務作業から試してみたり、様々な派遣スタッフの活用を経験してきたことで、正社員にこだわるよりもメリットが多いと判断するようになりました。そのため企業は今後も、正社員での採用を抑制していくことでしょう。その方策を支えることができるのも、派遣会社がスタッフを提供してくれるからに他ならないのです。また、派遣会社が顧客企業の「第2人事部」的な役割を担うことができるのも、企業にとって大きなメリットとなります。人事部の主業務である賃金計算、教育訓練、そして社員募集といったものが、人材派遣の活用により大幅に削減することができるのです。

女性が憧れるお仕事の医療事務のお仕事ページ
女性について知るならここ

派遣を好む労働者の増加

逆に働く労働者側にも、終身雇用にこだわらない、1つの会社で就業し続けることにこだわらないとする考えが芽生え始めています。その会社が自分に適しているかどうかは、その会社に入社してみなくてはわかりません。派遣社員はそれを判断する手段として非常に適しているのです。ただ、派遣社員は就業できる期間が限られてしまっていることには注意しなくてはなりません。派遣期間が終了した後もまた別の派遣先があれば問題ありませんが、もしそのあてが無いのであれば、派遣期間を終えた後の収入が途絶えることになってしまいます。派遣で就業する場合は、派遣会社の担当者とコンタクトを密にし、よい印象を持たれるようにしておきましょう。