仕事がもらえるかどうかはその人次第

派遣会社は登録時にスキルチェックも行ううえに、研修までしてくれています。ここまで読むと、スキルを高めることが大事なんだと思われるかもしれませんが、もちろんそれは間違ってはいないのですが、一番大事なのはやはりヒューマンスキルです。派遣を希望する方に心がけてほしいことは、派遣会社から信頼を得られるように行動することです。たとえば面談において、コーディネーターに良い印象を与えるスタッフは、派遣先でも良好な人間関係を築くことができそうだと思われる場合が多いでしょう。特に案件が新規の取引先である場合、派遣会社がその企業から今後もオーダーがもらえるかどうかは、最初に紹介するスタッフの出来にかかっているといっても過言ではありませんから。面談において、ビジネスマナーがなっていなかったり、いわゆる"若者言葉"や横柄な態度が垣間見えるようであれば、その派遣会社から案件が紹介される可能性は限りなくゼロに近いです。仕事の催促をしても、「今は適した案件がございません…」と体よく断られるのが関の山でしょう。そんな人間に仕事の話が舞い込んでくるほど、世の中はアマくないのですから。

このサイトでコンドロイチンを体のために生かす

セラピストのことなら セラピストになりたい方へ
http://www.intertronik.org/therapist_shurui/reflexlogy_therapist/reflexlogy_naruniwa.html

BookMark