面談とスキルチェック

派遣会社は常にスタッフを募集しています。営業が獲得した案件、つまり派遣先に迅速にスタッフを派遣するためにはそれだけの登録スタッフを確保しておく必要があるからです。さらに言えば、派遣スタッフの多くは複数の派遣会社に登録していて、仕事の話ができるだけ多く舞い込んでくるようにスタンバイしています。よって派遣会社は、登録するスタッフの数がそのまま派遣可能な人数ではありませんので、冒頭のような行動に出るわけです。登録の申し込みを受けた派遣会社は、日時の設定にとりかかります。ここでは可能な限り、その翌日には派遣会社に訪れるようにしましょう。これが3日も4日も経ってしまってから登録に伺うのであれば、「それほど本気で仕事を求めてはいない可能性が高いな…」と派遣会社に判断されかねませんから。

営業というお仕事で営業について知る
http://www.zurcjjgbyewa.com/

登録では、派遣会社の社員(おそらくコーディネーター)との面談とスキルチェックを行います。面談では、履歴書(ほかに職務経歴書など)に基づいたこれまでのキャリアの質疑応答のほか、仕事や休日、それに賃金などの希望条件を尋ねられます。スキルチェックは一般的に、タイピングのスピードやword・Excelといったアプリケーションソフトの習熟度を実際に操作して評価されていきます。また、一連のテストのみならず、各分野の専門知識のあるアドバイザーなども加わって、テストには現れにくいスキルも総合的に判断されていくことになります。登録にかかる時間はだいたい1時間が平均的です。長い場合では3時間以上かかることもあると聞きますが、おそらく専門性の高い案件の場合であり、だいいちそんなに長い時間集中していられる人のほうが少ないですからね。

歯科情報の歯科で働こうはこちら

冷凍冷蔵庫